• 自立支援給付費債権を利用したファクタリング

    • 自立支援給付費債権は、障害者や難病患者に対して、障害者総合支援法にもとづく各種のサービスを提供したときに発生する債権ですが、一般的な企業に対する売掛金のような債権と同様の部分もありますし、違うものであるともいえます。

      自立支援給付費債権は、一般の企業のように、急に倒産してしまったり、意図的に遅延が発生したりということはまずありません。
      そのため、債権としては、かなり優秀な部類に含まれるといえます。

      そのいっぽうで、自立支援給付費債権が現金化されるのは、それぞれの都道府県に置かれている国民健康保険組合連合会による報酬明細のチェックを経てからとなりますので、通常はサービスを行って請求をしてから2か月程度はかかってしまうという部分があります。



      この期間にも、さまざまな支払いは発生するわけですので、自立支援給付費債権の現金化が早期にできれば、経営的にもたいへん楽になるといえます。

      介護給付金ファクタリングってとにかくお勧めなんです。

      そこに注目をしたのが、自立支援給付費債権を対象としたファクタリングになります。

      あなたに合った条件で教えて!goo情報について詳しく解説しております。

      ファクタリングというのは、債権として存在する状態のものを、ファクタリング会社がいったん買い取ることによって、その大部分を数日後にも現金化できるというしくみです。
      優良債権である以上は、まずファクタリング会社から買い取りを拒否されるということがなく、スムーズに手続きが進むというのも特徴です。
      しかも、債権をもつ相手方は一般企業ではなく、国民健康保険組合連合会であるというところで、あまり相手に気兼ねをすることなく、ファクタリングを利用することができるのも大きいといえます。

  • 関連リンク

    • 自立支援給付費債権によるファクタリングで事業拡大

      かつての障害者自立支援法現在は障害者総合支援法と名称が変わりました。この制度により障害者手帳を有する人や国指定の難病を有する人などが、生活面で困らないように色々な対応を設けているわけです。...

    • 医療用ファクタリングとは?

      医療ファクタリングとは、医療機関の社会保険診療基金や国民健康保険団体連合会への診療報酬をファクタリング会社が買い取りすぐに現金化することのできる資金調達の方法です。医療機関だけが利用できるもので医療機関と診療報酬を買い取る会社と社会保険診療基金もしくは国民健康保険団体連合会の3社間で行われます。...